【雨の日もオススメなスポット】せっかくの連休なのに雨・・・鍾乳洞は如何ですか?

frog-1445496_1280.jpg

 昨日とは打って変わってあいにくの雨。


普段なら、しとしととして良いのですが、


遊びに行こうとしている身としては、少々気が滅入りますね・・・。


昨日は天気も良く、暖かかったので行楽日和だったんですけどね??






今日はみなさんはどこに行かれますか?


こんな日は、素直に屋内アクティビティですかね??



雨の日もオススメのスポット!



 天気の事はしょうが無い・・・


と言うことで、その辺はあきらめて、せっかくだから楽しみ見ましょう!


天気に左右されない遊びとして、


「あぶくま洞」は如何でしょうか??






天然の鍾乳洞で、冒険している気分になれます。


非日常の光景に、大人も子供も心躍りますよ!







あぶくま洞とは?



福島県にある天然の鍾乳洞です。

公式ホームページはこちら!




鍾乳洞に人工はないでしょうが(笑)


 およそ8,000 万年という歳月をかけて創られた大自然の唯一無二の造形です。

  全長600m の洞内に、種類と数の多さでは東洋一ともいわれる鍾乳石が続きます。

 様々な形の鍾乳石が私達を楽しませてくれますよ。

abukumado_takinegoten-150x150.jpg


abukumado_tsukinosekai-150x150.jpg






 それにしても、なんか洞窟ってわくわくしますよね。


 あぶくま洞は、整備された洞窟なので、安全に見て回れますよ!


ただ階段などは多いので歩きやすい靴と服装で挑むのが良いと思います。








もっと冒険したいなら!「入水鍾乳洞」!



 もっと冒険心をくすぐる体験をしたいなら、あぶくま洞の近くにある「入水鍾乳洞」がおすすめ!





こちらは本格的な鍾乳洞で、狭いところや足場の悪いところを徒歩で入っていく、冒険そのものの鍾乳洞です!


→ 「入水鍾乳洞」のホームページはこちら!



冷たい地下水が流れるところを屈んで通らないと行けないところもあり、最奥に行くためには水につかることを覚悟しなくてはなりません!!


下着は水着にしておいた方が良いですし、ずぶ濡れ覚悟で、濡れても脱げない歩きやすい靴を別に用意して行くと良いですよ。


もちろん防水仕様の懐中電灯も必要ですね。出来れば頭部保護用の厚めの帽子かヘルメットも必要です。


気分は探検そのもの!!


っていうかガチの探検です!!

閉所恐怖症・暗所恐怖症の方は絶対に止めた方が良いですよ。

irimizu_tsuro.jpg


コースはA,B,Cと3コースに分かれており、それぞれは入れる深さが違います。


特に最奥に入るCコースでは、必ずガイドがつきます!


Bコースから先はほとんど人の手の入っていない洞窟です。


膝の高さまで来る冷たい地下水の中を歩いて進みます。




☆お問い合わせ

入水鍾乳洞管理事務所

Tel: 0247-78-3393

☆営業時間

夏季(3月初旬~10月下旬) 8:30~17:00
冬季(10月下旬~3月初旬) 8:30~16:30
休   日

年中無休

☆駐 車 場

80台(無料)


irimizu_map2017.png






個人的にはもっと暖かくなった夏場が良いと思いますよ。


地下水は本当に冷たいですから!


そして、Cコース・・・


もっと水深があり、完全ずぶ濡れです。


ガチの探検になりますので、ガイドが必要とのこと・・・


最近はデジカメや懐中電灯&ヘッドライトが高性能になたので、写真は明るく写っていますが・・・・


現地は真っ暗ですよ(あたりまえか)


非日常の探検をお望みならば是非「入水鍾乳洞」へ挑戦してください!






人気記事